スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

相変わらずプログラムで苦戦
月曜、つまり明日は卒研のゼミがあって今週やっておくべきだったことについて発表することになっている。僕の場合は相変わらず軌道計算やらIPでの粒子分布などが担当なのだが未だに形になっていない。
 なぜかってそれは試験勉強をしていたからだ。正確には試験勉強が気になってシミュレーションなんてする気にならなかったからだ。それでもそろそろ何かしなきゃいけないと思ってさっきまでパソコンに向かっていた。Maxwell-Boltzmann分布を使う関係でどうしてもGauss分布を導入しないといけないんだけど、これがなかなかうまくいかない。それでネット検索して見つけたプログラムを流用してみるもこれが本当にGauss分布するのか分からなくてずっと先に進めずにいた。平均値は0だということがすぐ分かったのは良かったがそもそも規格化されているのかとか分散はどうなっているのか調べる方法が全然分からなかった。
 で、先ほどになってようやく全部うまくいっているらしいことが確認できた。結局一晩かかってしまった。普通の人はもっと早く対処できるもんなんだろうなぁ。僕はダメだ。プログラムに慣れてないとかいうレベルじゃない。
 ところで試行錯誤するなかで副産物が得られた。出来る人からすれば全然大したことじゃないんだろうが、数列の要素のうち最大(最小)のものを抜き出すプログラムだ。要素一つ一つに対して得点を割り当てて、ある要素に注目した時、これが他のある要素よりも大き(小さ)ければ1点増やすことにした。ところが最大(最小)の数は当然他のすべての数よりも大きい(小さい)ので得点が(要素の数-1)になる。これで少なくともこの2つの数は他の数と区別できることになる、というのが原理。初めは単純に数を比べていけばいいんだろうと考えたが具体的にプログラムする方法が分からなかったので発想を変えてみた。まあうまくいったようだ。ただし最大(最小)数が一つしかない数列に対してしか使えないのは自明である。
 何らかのプログラムをして点が動くとか目で見て楽しいのが出来るようになると良いと思う。人工生命とか作って遊んでみたい。

 これからしばらく寝るか…。
スポンサーサイト
ひでひでた
シミュレーションなど   0 0















 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/91-81d720db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。