スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

一言だけ言わせてもらえば
昨日買った本のうちの1冊は有名なこの著作、
『論理哲学論考』を読む『論理哲学論考』を読む
(2002/04)
野矢 茂樹

商品詳細を見る

だ。第1章の初めの数ページからして彼の語り口にはただならぬ魅力を感じざるを得ない。読むのが楽しみで仕方が無いが、一つ言わせてもらえば、これだけの長さの本(野矢自身は「この薄い著作」と言っているけれど)なのにしおりとして使えるあの「ひも」が本体に付いていないのは出版社の重大な過ちではなかろうか。
スポンサーサイト
ひでひでた
言語学、哲学など   0 0















 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/76-b14e6819
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。