スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

多くのことに興味を持ちたい
冷たい雨が降っています。今日はとても寒く、ちらほらと雪が舞うこともありました。

 最近『アルジャーノンに花束を』を読んでいます。この本は有名なので以前から知っていましたし、例えば東野圭吾がこれを題材にした短編(というかパロディー)を書いたのを読んだこともあって興味がありました。主人公のチャーリーが書いた経過報告を通して物語が描かれていくため、その知能の変化に伴って文体も変わっていくのが面白いと思い英語版と日本語版を両方買いました。今は日本語の方を読んでいますがそのうち原書にもトライしてみようと思っています。
 生協の本屋でしばらく顔を合わせていなかった友達と久しぶりに会いました。彼は医学部の学生でとても賢いのですが、それはそれとして理学にも興味を示してくれるので僕としてはかなり話しやすいです。今日は非平衡統計と生物との関連がどうだのという話から始まって心理学の話になったところで閉店時間がきたのでお開きにしました。振り返ってみると大学に入って以来結構多くのことに興味を持ってきました。ロボット工学と認知科学、言語学、心理学など(そんなに多くないか;)。これらに触れる中で瀬名秀明さんのことを知ったりもしたし、結果的に医学部や文学部言語学専攻の友達と楽しく話せるようになった。特に多くの本を読んだりはしなかったけど物理をやっているだけでは話せない話題にも関心を持てるようになってとても良かったです。
 以前石井裕さんというMITのコンピュータ研究者をテレビで見て知ったのですが、彼は自分の専門分野だけでなく芸術や言語など幅広い分野に親しむことを大事に考え、自分の考えに対して"Why?"という問いかけを繰り返した結果最後には哲学を語るような言葉が出てこなければダメだというようなことをおっしゃっていました。日本では専門化がかなり重視されている風潮がありますがそれに一石を投じる発言だと思います。個人的には大賛成です。

 そういえば今日は光物性の授業がありました。これがかなり面白くて、先生の現在の研究対象であるテラヘルツ電磁波がいかに広範囲に適用できるツールであるか力説されていました。理論物理としては何が問題なのか不明でしたが、物質中の電磁気学などの古典電磁気学は全く理解できていないなーと再確認できました。ここら辺は固体物理学も関わってくるし一筋縄ではいかない雰囲気が出てる気がします。
 良い刺激になりました。こういう授業が多いと嬉しいんだけどな…。
スポンサーサイト
ひでひでた
人生   0 0















 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/70-5e8faf27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。