スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

某先生との会話より
◎素粒子論・宇宙論と物性論のセンスの違い
  素粒子・宇宙:一般的、対称性
  物性:各論、多様性
   後者で対称性を求めると失敗する、というかtrivialな結果が出てしまうことがある。
   物性論ではある程度ミクロな視点でものを考えてみることが大事。例えば散乱など。

◎物性論の面白み
  多様性がある一方で普遍性もある
   多様な物質の統一的な理解

◎理論家を目指すうえで大事なこと
  基礎的な道具に習熟する
   場の理論(F&Wのような扱いや経路積分による定式化。cf.Popovの本)
  あとは場合によるのでなんとも言えない

◎実際の研究
  それなりの理論を作ると実験と一致することが結構ある
  drasticな理論と実験が合うことは相対的に少ない
  自然は人知を超えている、多体効果は予想がつかない

…というようなことをお聞きしました。研究がどうだとか考える前にまずは目の前にあることを正確に理解して使いこなせるようにしておくことが第一歩のようです。変に焦って先走ったりしても意味ないですね。まあ今更ですが。
 散乱の勉強をしています。やらなきゃいけないなと思いつつも興味が持てずにいたこの分野。物性論でも散乱という視点が大事なことは卒研でも感じていたし、試験にも絡んでくるので今やるしかありません。やってみると意外と面白い、かも。定常状態を使っているのに散乱を考えていることになっているが、はて、それはなんででしょうか、なんて考えてみると良い感じ。明日以降波束の散乱をやるので楽しみにしています。今日初めてBorn近似を扱ったのは秘密。この近似は高エネルギーの時にはかなり良い近似になるようです(とはいえ非相対論)。湯川ポテンシャルの極限としてCoulombポテンシャルによる散乱つまりRutherford散乱の微分断面積が得られる。ポテンシャルのr依存性にどういう制限を付ければいいのかまだ理解してない。
 あと英語の勉強を昨日から始めました。洋書は以前から読んでいるので読む分には特に困らないんですが聞き取りが絶望的に出来ないので克服しようと思って。ずっと前に買ったテキストを使って訓練開始です。CNNニュースが普通に聞き取れるレベルになりたい。
スポンサーサイト
ひでひでた
物理   0 0















 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/66-d61f4c7e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。