スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

簡単にまとめ
今日は昼過ぎに起きて大学に行って授業出て、病院に行って少し勉強した。
 出来たことは自主ゼミの準備とプリゴジンを少し読めたくらいか。永長さんの本で出てきた汎関数微分が直感的に処理できなくて手こずった。まだ解決してないのでなんとかしないといけない。普通の関数を微分するのと同じ気分では出来ない演算なのか?一方で昨日まで分からなかったことが今日見直してみたら簡単に了解されたのは良かった。プリゴジンの方は相平衡の話でClausius-ClapeyronとかGibbsの相律とか。潜熱の概念をエンタルピー変化で表現。相転移とかは適当に。
 永長さんの方でXYモデルでの相関関数の高温展開とかが出てきたなと思っていたらプリゴジンでは臨界点近傍の振る舞いについての記述に出会った。こうなるとそろそろGoldenfeldを読みたくなってくる。

 読みたい本が増えてきていて困る。10冊は超えている程度か。やることをしぼらないとどれも中途半端に終わってしまいそう。まずはプリゴジンと自主ゼミ。あとはオプションだと考えねばなるまい。出来れば
生命とは何か―物理的にみた生細胞 (岩波新書 青版)生命とは何か―物理的にみた生細胞 (岩波新書 青版)
(1951/08)
E.シュレーディンガー岡 小天

商品詳細を見る


生命とは何か―複雑系生命論序説生命とは何か―複雑系生命論序説
(2003/11)
金子 邦彦

商品詳細を見る

を読みたいのだけどどうせ読むならちゃんと読みたいのでしばらく先になりそうだ。まあ急いで読む必要は今のところ無いしな。

 どうでもいいけど、相律、ってかっこいいよね。英語だとphase ruleなんていう普通の言葉になっちゃうし。訳語のセンスが良い。
スポンサーサイト
ひでひでた
熱・統計力学   0 0















 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/47-3448ef92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。