スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

本屋
今日は久しぶりに本屋に行ってきました。好きなんです、本屋。いろいろ置いてあって楽しいですよね。物理、化学、数学のコーナーに1時間くらいいたんですが結局何も買わずに出てきました。見かけた本の中で気になったものをいくつかピックアップ。

生命科学のための物理化学生命科学のための物理化学
(2008/11)
アトキンスJulio de Paula

商品詳細を見る

は画像が無くて残念ですが、良い本だと思いました。プリゴジンを読み始めてからというもの化学も面白いなと思うようになってきたんですが、大半の化学の本には物理的な記述が見当たらないのでつまらなくて読めないんです。化学反応式だけ書かれても「それってなんで可能な反応なの?」とか考えてしまう。その点このアトキンスの本は熱力学とかも書いてあるので良いです。生命科学のための、と銘打ってあるだけあって生体内での反応にも詳しい印象でした。そのうちお世話になるかも。

謎を解く人びと - 数学への旅謎を解く人びと - 数学への旅
(2008/10/24)
J.-F. ダースA. レーヌ

商品詳細を見る

は最高ですね。コンツェビッチ、グロモフ、コンヌ、アティヤなどの超有名な数学者達が登場します。文章が寄稿されているのですが、その一言一言に感動します。日本の広中さんも出てきます。今日はこの本に出会えてよかったなー。買いたかったんですが6000円を超える値段だったので泣く泣く断念しました。
 いい気分転換になったようです。
スポンサーサイト
ひでひでた
日常生活   0 0















 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/37-44bb3011
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。