スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

Python
Python、いいですね。ハマり始めている。
 とにかくライブラリの充実っぷりがすごいです。それとインターフェイス。iPython+Numpy+Scipy+Matplotlib で無敵って感じ。Scipy のおかげで FFT もメソッドを呼び出すだけで実行出来るし、Matplotlib があれば gnuplot は必要なさそうです。ただし、(普段使っている OS である)Ubuntu の apt-get で Scipy を入れると肝心の blas とかを使ってくれなくなるとの情報もあるので注意が必要。何にせよ、書くのが簡単でテキスト処理するには便利です。
 今のところ
みんなのPython 改訂版みんなのPython 改訂版
(2009/04/11)
柴田 淳

商品詳細を見る
を使って勉強してます。1日30ページずつくらい進んでいて、今日でようやく半分終わりました。明日からクラスとかをやります。この本についてはそのうちレビューを書こうかな。Cなど他の言語を学んだことのある人にとっては分かりやすい本ではないと思います。もちろん悪いところばかりという訳ではないよ。
 Python の勉強をするときには日本語の資料が他の言語に比べて少ないのがネックかなぁ。日英関係なく参考に出来そうなサイトをいくつか見つけたのでここに載っけておきます。
 Python Scientific Lecture Notes には、特に科学者向けの丁寧かつ実際的な解説があります。なんか海外のグループが作った資料を翻訳してくれているらしい。その資料自体も PDF ファイルとして落とせるので、資料は紙でっていう僕みたいな人にもお勧め出来ます。言語自体の勉強をするって感じではない。あ、資料という意味では、van Rossum 自身が書いたチュートリアルがどこかに落ちていましたが場所は忘れました。
 Python Tutorial は名前通りのサイト。英語だけど一番丁寧なんじゃないでしょうか。
 IronPython.net では .NET で使える IronPython をダウンロード出来ますが、ブラウザ上で手取り足取り Python の仕様を教えてもらうことも可能です。ブラウザにシェルがくっついてる感じ。英語です。
 それと、言語自体を勉強するという趣旨では
初めてのPython 第3版初めてのPython 第3版
(2009/02/26)
Mark Lutz

商品詳細を見る
が詳細に書かれていて良いと思います。今日本屋で買ったばかりです。O'Reilly の例の大きな判型かつ400ページは下らない分厚いものですが、正直言って上に挙げた本よりはずっと楽しく読めるので苦にはなりません。
 まあ今んとここんな感じかな。ちょっとシミュレーション関連で文字と数値が混ざったテキストを処理しないといけなくなってきたので、Python はちょうどいいのかもしれないですね。やり始めたきっかけは先輩が使っていたからというだけだったのだけど。クラスとか、OOP を学び始めるのに Python を選ぶのが良いのかは分からないです。
スポンサーサイト
ひでひでた
シミュレーションなど   0 0















 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/346-9e715a2a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。