スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

(゚Д゚)<マドカァ! ホムラチャン!>(゚Д゚ )
 まどか☆マギカ11話と12話視聴後、しばらくテレビの前で呆然としてしまった私ひでたであります。マジ劇場版クオリティ過ぎた。先ほど立ち直ってコンビニに焼きそばとかを買いに行ってきたのはいいものの、麺をすすっている最中にいろいろと感想とか考えとかが浮かんでくるのに耐えきれなくなったのでこうしてブログ記事なんてのを書きなぐっている訳です。ここしばらく表面を取り繕った文章をここにアップしてきたけど、まあこっちの方が地ということでご勘弁を。
 今日は OmmWriter じゃなくて CotEditor という別のエディタを使っています。ちょっと Omm さんは小ぎれいすぎてテンションが下がるので今日は却下。その代わり、プログラマさんたちにも評判がいいとの Cot さんを使っています with クロノ・クロスのサントラ。前作クロノ・トリガーやらゼノギアスの香りがするこのサントラはかなり名曲が多いですね。トリガーで使われていた曲のアレンジもいくつかあったりで(時の草原とか)、当時の作品に心躍らされていた僕らの心を深く抉ってくる名盤だと思います。

 ……で、あれは結局誰が幸せになったのか?話全体としてはどうなの??と小一時間考えてみたい。
 理解に混乱がありそうなのでひとまず僕が思っている流れをまとめておくと、
 ・「あらゆる平行世界での過去・現在・未来において、魔女の存在を消す」ことを願いとして、まどかは魔法少女の契約を結ぶ。
 ・その結果、濁りきったソウルジェムはグリーフシードとならず、魔法少女は魔女化する代わりに消滅することになった(=宇宙の法則を書き換えた)。
 ・まどか自身の魔女化も防がれた代わりに、その願いの壮大さ故、普通の人間とは違う“一段上の存在”(だったっけ?)になってしまい、時空のあらゆるところに偏在することとなった。
 ・ほむほむは時間移動の能力を保持、時間移動前までの記憶を引き継いでゆく。
 ・まどかの家族や他の魔法少女は、まどかのことを覚えていない。
 ・新しい世界に魔女は存在しないが、世界のゆがみはやはり存在し、魔獣(だったっけ?)と呼ばれる異形の物体が出現する。
 …という感じです。
 うん、記事を書きつつ脳内を整頓していった結果、割と絶望的な結論が浮かんできてしまったのですが、まあそれも一つの考えだと思って述べていきます。
 ほむほむにとって、ワルプルギスの夜との対決というここ一番のタイミングで使えなくなってしまった時間移動の能力は、ある種の神となったまどかの存在を確かに感じながら戦っていける今となってはもはや絶望に至る病ではないはずです。実際、まどかのリボンを身につけ、まどかの弓を携えることになった彼女は、戦いがずっと続いていくのを受け止めているような発言を最後にしていました。たとえ「まどかを守る」という願いが叶わなくなったとしても、ほむほむは絶望することなく進んでいけるのだと思います。
 また、「魔法少女が魔女になって絶望を振りまくことを許せない」というまどかは、その魂と引き換えに魔女のいない宇宙を再編しました。結果としてヒトの形を持たなくなることも受け止めていたし、むしろそのことによってほむほむがいかに自分を想ってくれていたのか理解できたと言っています。彼女が最高の友達であると。そういえば、「何の取り柄もない私が誰かのためになれるだけで願いは叶ってる」と序盤でまどかが言っていたいたけど、その願いは最高の形で叶えられているとも思えます。
 まあ何にせよ、結局まどかとほむほむという二人の主人公は、今回の一件でおそらく幸せになったように見えます。彼女たちのことを考える限りでは今作は間違いなくハッピーエンドでしょう。
 ……けど、どうだろう?やっぱなんかおかしくないか。だって、魔獣とかいうのがまた出てきてるじゃん。魔法少女たちは相変わらず戦い続けなきゃいけないし、QBも生きてる。
 僕なりに整頓してみた結果、この作品は「不条理アニメ」と呼ぶのがよいと考えるに至りました。つまり、「まどか☆マギカは不条理アニメ」。気持ちを説明しましょう。
 この世界には何がしかの不条理が存在し、何がしかの形をもって具現化する、というのが本作品の根本にあると思います。
 まどかが感じた不条理は「希望を抱いて契約をした少女が結局は絶望を振りまく存在になる」ことであり、これは「魔法少女にとっての不条理」に他なりません(そもそも契約時にグリーフシードがいかに生まれるかなんていう説明は受けない訳で、不条理感を増している)。この不条理はまどかの願いが叶うことで解消されました。魔法少女たちは絶望を振りまく存在となることなく、希望を叶えて消えていくことが出来ます。
 魔法少女を取り巻く不条理が解消されたことは、インキュベータと魔法少女との関係が険悪でなくなったことが示唆されていることからも伺われます(ほむほむとQBとの会話より)。実際、感情を持たないインキュベータからすれば不条理などそもそも存在しない訳で、これは自然なことだと思われます。
 とはいえ、この世界の不条理自体は消えません。まどかの願い以前の宇宙で「世界のゆがみ」が具現化したものが魔女であったと考えると、願い以降の宇宙での「世界のゆがみ」は魔獣の形でやはり出現してしまっています。つまり、まどかが魂と引き換えに解消することが出来たのはあくまで魔法少女に限定された不条理であり、この世界全体から見れば不条理の行き先が変わっただけで大した変わりはなかった、ということです。たとえまどかがヒトとしての形を失おうと、(ほむほむを除いた)誰からも忘れられてしまおうと、世界の性質はほとんど変わることがありませんでした。世界の不条理は解消されなかった。
 これってどうだろう。やっぱり世界の構造は変わらなかったんだ、私は無力だったんだ、なんて、神であるまどかが思い始めて絶望してしまったら宇宙終了しちゃうんじゃなかろうか?などと思うと、割と絶望的なストーリーであったと結論したくなるのです。虚淵さん的にはどうなんでしょうね。
 だから、逆にスピンオフ作品の結末には注目が必要かもしれません。僕はそういうの読んだことないけど、主人公が願いと引き換えに世界の不条理を是正するのかどうか、とか、その代償って何か、とかとか。うん、まどか☆マギカ、面白いです。

 ……などと書いているうちに朝になってしまいました。小一時間では収まらなかった。今日は1限と5限のTAで、明日の午前9時前からラボミーティングがあります。10分の持ち時間で今後の研究についてトークしないといけない(もちろん英語!)。しかも現状でほとんど準備なし。でも大丈夫、まどかが夢もキボーもあるって言ってた!!(笑)

p.s.
 めっちゃ稚拙なことを書いてんなー、とアップロードしてから思い始めて、徐々に不安になってきたり。SFとか詳しい人だったらもっといろいろ面白く考えられるのかな?まあ、気にしないことにしよう。
スポンサーサイト
ひでひでた
日常生活   2 0

>ほむほむは時間移動の能力を保持
それは断言できない、というより間違ってると思う
生まれ変わりほむほむは砂時計の付いた盾が無くなり、代わりに弓を装備してたから

あと細かい見解の相違はたくさんあるがそれはいいとして、後半にまどかが絶望してしまったらって書いてあるけど、ここは違う気がする
過去も未来も平行世界も知ることができること、さやかの人生に干渉できることから、まどか神はおそらく最善の世界を選択して再構築することができ、実際に実行したと考えられる
自分の願いで魔女だけ消して(魔法少女は残り)代わりに魔獣が現れたわけだけど、その結果宇宙が悪い方に向かったなら絶望したかもしれないが、実際には魔女がいる世界よりも、あるいは魔女も魔獣も魔法少女もいない世界よりも良い世界になったんじゃないかと思う
魔女のいる世界よりも良いというのは魔法少女の不遇から推して知るべしだが、魔法少女も魔獣もいない普通の世界よりも良い理由としてはQB達の努力が挙げられるんじゃないかな
QBは宇宙のためにやってるみたいだからね
つまり魔獣がいる世界は人類とQBあるいは宇宙はWIN WIN(笑)の関係にある世界で最善なのではないだろうか

ちなみに魔法少女もいない世界にすればさやかは助かった(上条さんの腕は死んでたけど)
実際には宇宙のためとかではなく、絶望もしたけど希望もたくさん振りまいたさやかの意志(および自分の価値観)を尊重してまどか神(中学生)は魔法少女存続の決定を下したのかな
「もう何の後悔もない」
とさやかが言うようにこの決定に絶望することはないはず

しかし全知全能化したにも関わらず中学生っぽいあどけなさが残ってるのは不自然じゃね?
悟りの境地に達したまどかもやってほしかったなあ
2011/04/23 01:31 | | edit posted by たかし
バイオリンの審査会のシーンで「さやかちゃんを救うには」って言ってたあたりから、まどか神はさやかの人生に干渉できると思ったけど、これ多分違うわ
ここはまどか神の万能の力によって世界が改変できるという意味ではなく、魔法少女になるときの願いを魔女だけ消すか魔法少女ごと消すかどっちにしようかなって話だな多分
2011/04/23 09:56 | | edit posted by たかし














 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/341-c1a7bd41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。