スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

東京、この2年
お久しぶりです。実に4ヶ月ぶりのブログ更新です。放置している間にいろいろな事がありました。
 まずは修士論文の件。先月末に修論の審査会があり、無事合格になりました。生体分子の挙動に関する数値的な解析を行ったという事になっております。単位は足りているはずだし、審査会で指摘された一点を加筆して提出すれば修士号はいただけそうです。
 東大理物の修士論文審査会は、まず初めに誰でも参加できるオープンセッションが40分ほどあり、その後に審査員の先生のみを対象にしたクローズセッションがあります。20枚ほど用意したスライドを使って随時質問を受け付けるスタイルで発表を行いました。審査員は3人いて、主査である指導教官と副査が2人いらっしゃいます。僕の場合は生物物理の実験とシミュレーションの先生方が副査でした。
 発表会の数日前に行われた研究室セミナーの担当になっていたので、ちょうどよくリハーサルが出来たという感じでした。研究室の方は英語だったのを審査会では日本語にしなきゃいけなかったのが若干煩わしかったです。図の並び替えを改善したり、説明文の言い回しを改善したりで、なかなか苦労しました。まあ何とかなったのでヨシ。
 修論を書いてる最中はホント憂鬱でした。自分がいかに何もしていないか・何も分かっていないかがどんどん露になっていって。理解してないが故に筆が進まない箇所も多く、なけなしの素材を正直に、なるべく文意が正確に伝わるように努力する程度の事しか出来ませんでした。提出の数週間前には現実逃避を繰り返して小説を読みふけるとかしてましたし、相当情けないところが多々あったと思います。この期間に残したメモからはダークサイドが垣間見えています(笑)
 とはいえ、この2年で学んだ事・成長した事が確実に存在すると確認できたのもまた事実です。大学院に入った段階では修論のように長い資料を書く事は出来なかったし(ネタが無く、書き上げる気力も無かった)、実験や理論を眺める事も出来ませんでした。特に生物物理の業界で理論をやるのがどういうことなのか、実際に手を動かしたり実験の先生と議論させていただく中で体得した「何か」があります。まだ自分で理論を組み立て切ることは出来ないけど、それでも足がかりくらいは出来てきてる気がします。テクニカルな部分では確率論を学んだのが良かった。これ無しで今後生きていける気がしません。
 4月以降は京大に帰って実験を始めます。やっぱこの業界で実験が出来ないのはもったいないというか面白くないと思うようになったので、思い切って編入試験を受けます。受験日は今月の16日なのでそろそろ試験勉強始めないとね。英語の試験が2時間、その後面接があります。これはこれで頑張ろう。もう部屋とかも決めちゃってるので失敗したくありません。
 具体的な研究テーマはまだ決まっていませんが、一分子測定を修得して定量的な議論を行うことをひとまずの目標とし、自分で実験をしつつ、理論家とコラボレートしてモデルを作るところまでいきたいと考えています。まあこれはあくまで形式的な事だし、具体的に理解したいシステムが不明確なので今後どうなるのかは分かりませんが。その上、今度の研究室は日常生活からして英語なのでかなり苦労するとは思います。帰京したら友達と理論物理のゼミをやることにしたので、それも含めていろいろ楽しみです。
 生物系の勉強はどれだけしたらいいんだろう。高校生物の教科書読んでるといろいろ発見があってそれはそれで面白いんだけど、やっぱ Essential とかはちゃんと消化しとくべきなのかな。あれはあれで面白いし。この2ヶ月はたぶん最後のモラトリアムです。
スポンサーサイト
ひでひでた
研究   2 0

わくわく感が伝わってきた。楽しい新生活が待ってそうだな
実験、特に生物系は大変だと思うけど初心を忘れず頑張ってくれ
お互い「通用しないな」と思ったらそのときは就活しようぜ(笑)
2011/02/06 01:10 | | edit posted by takashi
>takashi
今のところはすごく楽しみにしてるよ。半年後に何を言うかは全くわかりません(笑)普通に就職しても楽しい事があると思うけど、だからこそ、ちゃんと博士号を取りにいきたいかな。
2011/02/06 09:16 | | edit posted by ひでた














 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/334-377d2c36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。