スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

学会・大阪
物理学会の会場となったのは中百舌鳥にある大阪府立大学です。
100923_154215.jpg
正門を入るとすぐに見えるのが上の写真にある建物。他のいくつかの建物にも赤いラインの入ったものがありました。新鮮なデザインだったので中身もさぞきれいだろうと期待したのが大間違いでしたが…。詳細は省略。
 初日に参加したシンポジウムはタンパク質のゆらぎと機能との関連を調べている人達の集まりで、つまるところ、ある研究プロジェクトの発表会みたいなものです。そこでまず驚いたのが参加者の白髪率。僕は割と早く会場に入ったのですが、その段階ではおよそ5割は白髪だったのではなかろうかと思えるくらいでした。講演者の中には(たしか)東大を退官された先生もいたくらいなので、事実シニアな集団でした。生物物理学会では(整備されたキャンパスとともに)非常に若々しい印象を受けていたこともあり、物理学会は開始早々停滞感を覚えてしまったのでした。
 体育館で行われたポスターセッション、僕の出番は2日目の午後でした。体育館に入ったのなんて何年ぶりだろうか。…知人の話によれば今回のポスターセッションは例年になく盛況だったとのこと。もちろんポスターを貼る壁に囲まれた通路が出来る訳ですが、確かに人で溢れていて通りづらい感じはありました。僕のところにも常に人がおり、ずっと話しっぱなしでした。特に茨城大で非平衡の理論をやっている方、理研で生体分子の実験研究を行っている方からは有益な示唆が得られたので感謝しております。
 今回は二つの学会に参加して、雰囲気とかモチベーションの違いを知る事が出来ました。やはり自分がやりたいのは生物物理なんだな、とは思うのですが、何か歯切れの悪い感覚も残っています。理論をやる、実験をやると分割してしまうことに対する違和感なのかなぁ。まだよくわかりません。まあ何にせよ、学会は自分を相対化するのに良い機会であることは確かなようです。
 今後は11月末にある定量生物の会を目標に研究を進めます。
スポンサーサイト
ひでひでた
研究   3 0

 学会お疲れ様でした^^いろいろと実りのある学会だったようですね。

 ブログの件ですが作ったのは作ったのですが…。なんせ、図が著作権の件で勝手に引用できないですし、何かをまとめること慣れてないせいで、只今挫折中です。一応「おいも徒然日記 バイオインフォマティクス」でヒットします。

では、また更新楽しみにしています^^
2010/10/01 00:26 | | edit posted by おいも
>>おいもさん
文章が拡散すると感じたら、一旦立ち止まって考えを要約する事をオススメしますよ。要するに何を言いたいのかはっきりしないときは、実はそれほど書きたい事が無いのかもしれません。偉そうな事は言えませんが…。
 いずれにしても所詮ブログはブログなので気合いを入れすぎなくてもいいのでは?
2010/10/01 01:47 | | edit posted by ひでた
 アドバイスありがとうございます。ちょっと気張りすぎてたみたいです。ひでたさんの言うとおり気楽にやっていきたいと思います。
2010/10/02 02:49 | | edit posted by おいも














 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/326-17123e80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。