スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

Perl
特に目的意識もなくPerlを勉強し始めました。使ってる本はコレ↓
新版Perl言語プログラミングレッスン入門編新版Perl言語プログラミングレッスン入門編
(2006/10/21)
結城浩

商品詳細を見る
使ってる、と言っても、さっき買ってきたばかりです。ほんと衝動的な始め方で。
 初めてプログラミングする人に向けて書かれているような感じの本です。実際、C言語を軽く使える程度に学んだ状態でこの本を読んでみると対して悩まずにPerlに慣れる事が出来ます。何かバイオインフォマティクスの人達はPerlを使うとか聞いた事があるんだけど、実際どうなんだろう。確かに文字配列の変換とか抜き出しが出来るから相性が良いような気はする。
追記。
 80ページほど読んだんですが、なんかこう、Cに比べるとPerlの方が高級な感じがするなぁ…。ループ計算させる時もforeach(@rray){}とか書いとけば勝手に全部の要素を扱ってくれる訳で、Cではどの番号からどの番号までとか命令してたのを省く事ができますと。だからコードも短くなるんだろうけど、どっちが早いんでしょうね。Perlで微分方程式解かせるのは得策ではないような気がなんとなくする。

追追記。
 あー、でもなー、インタープリタとかコンテクストとか言ってるのはそういうことかー。
スポンサーサイト
ひでひでた
シミュレーションなど   0 0















 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/312-2cddf5b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。