スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

サマースクール まとめ2
さて、天然変性タンパク質を研究する上で物理学の出番があるかと言えば、その答えはたぶんイエスです。特にタンパク質のfold-unfold転移については熱力学的な研究がすでに相当さかんに行われていますので、少なくともその延長で何か研究する事は出来ると思います。また、天然変性タンパク質は真核生物に多く、特に核内に豊富に存在する事が知られていますが、核内はかなり高密度なのでcrowding effectが効いている可能性があります。ここまでの話は平衡熱力学の範疇に収まるので果たして非平衡統計がどこまで本質的に絡んでくるのかはわかりません。いずれにしても、今のところ何か具体的な問題として浮かんでくるものは僕の中にはありません。非平衡統計のジェネラルなところだけではなくて、例えばソフトマターを勉強してみるとか、他の関連領域について知る事が必要な気がしました。
 ここまで書いてきた事はかなり構造生物学的な側面が強いです。つまり生命系で重要な役割を果たすタンパク質の構造を理解する事でそれらが果たす機能に関して知見を与えるということで、わりと一分子研究的な雰囲気があるので物理学とも相性がいいのだろうとは思うのですが、では天然変性タンパク質が本質的な役割を果たす現象は何か、という話は今回のスクールでは無かったのが残念でした。確かにアルツハイマー病とか(確か)ナルコレプシーみたいな病気に関与しているという事はちょこっとだけ触れられた気もしますが、本論ではなかったので詳しい事はよくわかりません。シグナル伝達系ではハブ機能を持っている、と言われても具体的ではないし…。
 その意味では10月の頭に横浜で行われる構造エピゲノム研究会の存在を知れたのは良かったです。天然変性タンパク質とどの程度関係のある話が聞けるかは分かりませんが、可能なら参加してみたいです。まあ、あえて天然変性タンパク質の研究を来年からする必要があるのかどうかよく考える必要があるとは思います。
 ひとまず今回のサマースクールでは天然変性タンパク質研究の一側面が概論的に理解できたのが収穫でした。予想通り友達は増えなかったのですが、まあそれは交流する機会がそもそも少なかったのでしょうがないです。いくつか勉強するべき課題も見つかりましたし、残りの半年を来年への架け橋となるように過ごす為のヒントが得られました。参加した価値はありました。
スポンサーサイト
ひでひでた
生物・生物物理学   0 0















 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/311-4ee4cce8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。