スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

研究室訪問 その1
お久しぶりです。もう8月になってしまいました。
 京大に研究室訪問に行ってきました。研究室自体は医学部も入っている西部キャンパス内にあるのですが、所属は生命科学研究科で医学部と直接の関係はありません。研究室の教授は学部の頃に知り合った先生で、まあなんというか、うちの先生とは対極にあるような人です(笑)二人を並べてみたら笑ってしまうくらい違うタイプでしょう。
 研究内容は幅広く一言では言えませんが、大雑把には細胞核、膜タンパク、そしてバイオインフォマティクスがテーマのようです。確かに細胞生物学的な研究をしている方もいらっしゃればコンピュータにかじりついてる人もいました。割と大所帯の研究室は静かで、それぞれが黙々と研究をする感じでした。うちの研究室は一旦議論が始まるとかなりにぎやかになるし、その議論の発生頻度も比較的高い気がするので、雰囲気の違いは結構あるように思います。空気は年々変わるので来年以降がどうなるのかは全然分かりません。僕自身はわいわいやりたいです。
 院生二人とポスドク、助教さんにお話を伺う事が出来ました。あらかじめ連絡が伝わっていた訳ではないそうなのでありがたい対応をしてくれました。D3の方は核の研究をされており、どのような仕組みで物質の選択的な輸送が行われるのか調べているそうです。PNASに受理された論文を元にしたスライドを見せてくれました。D2の方は最近プロテオミクスをやりだしたそうです。あれはすごそうですね。まずは網羅しましょう、という感じで。僕の話に関心を持ってくれたのが嬉しかったです。助教さんも核の研究者です。最近結婚されたとか。
 何よりも興味を引かれたのはポスドクの話でした。彼はイスラエル出身で、イギリスのUniversity College Londonに学んだそうです。専門は生物工学。どこまで書いていいのか分からないのですごくぼかしますが、とにかく物理学と生物学のインターフェースにいる人で非常に面白い研究をされています。細胞核は粘弾性を持ってるとか、情報伝達がどうだとか、僕が大学院に入って以来勉強してきたことがもろに関わっていたので思わず質問攻めにしてしまいました。実験のデータも見せてくれたけど、あれはほんとに面白いとしか言いようがなくて。性格はまだよくわかりませんが温和そうで、ゆっくり丁寧にしゃべってくれる良い人でした。あと1年ちょっとはいるらしいのでまた話したいです。
 彼もそうですが、あの研究室は意外に物理との接点がありそうです。一分子測定もかなり盛んなので非平衡統計との相性も良いのかもしれません。はっきりと確認した訳ではありませんが。せっかく学んできた事だし何か積極的なつながりを見いだしたいです。
 自分の関心は生物にあるのだと、今回の研究室訪問で明確に意識しました。これなら新しい環境に行ってもやり続ける事が出来ると思います。
 今月末に別の研究室を訪問してどちらがよいか結論します。実は今度行く方も一分子計測が盛んな上、前々から関心を持ってきたシグナル伝達がメインなので最終的にどうなるかはまだ分かりません。どちらにしても京都には帰る事になりそうです。今回は非常に良い刺激を受けることが出来ました。
スポンサーサイト
ひでひでた
博士編入   0 0















 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/307-4d354a80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。