スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

雨がひどい
今日の東京は台風の影響で雨がひどいです。一時は降りがひどすぎて空中の水滴分布の揺らぎすら目視できるほどでした。ドラマみたいだ。
 そんなわけで大学に行く気にもならず、うちでのんびりと本を読んでいました。相変わらず情報理論の勉強ですが、ここ最近ではまれに見る面白さです。もっと早く出会っていればよかったのかもしれないが、大学院に入って以来の興味が凝縮された形で現れているのかも知れません。
 今日はまだ6ページほどしか読んでないのでたいした進展はないのですが、事象がツリーの形に描かれることで平均情報量としてのエントロピーが2元エントロピーの結合で表せてしまうのが面白かったです。ツリーを描くということはグルーピング、つまり事象の再定義をするということなわけで、これによってエントロピーが減少してしまうのはまさに粗視化の効果なのだと思うとテンションが上がらざるを得ないって感じです。
 ツリーはグラフの一種でしょうけど、これがどうもネットワークに見えてしまいます。情報論的エントロピーと統計力学的なエントロピーにちゃんと対応がつき、かつ何らかの温度とエネルギーがネットワークに対して定義できればネットワークの相転移みたいな現象が観測できるんじゃないかと思うんですがどうでしょうか。たぶんそういう仕事はあるだろうな。ネットワークに対してくりこみを行いますという論文がPRLのeditor's choiceに選ばれていたくらいだし。うーん、たとえばネットワークの増殖とかを記述する方法はあるんだろうか?ていうかネットワークの平衡状態をどう定義するのかもよくわからないし、ちょっとこれ以上は単なる妄想にしかならなそうだ・・・。
 まあこちらは順調だからいいとして、問題なのはくりこみのゼミのほうだ。ゼミというかテキストが問題だ。S木M雄さんのテキストに全く興味が湧かないんだがなんとかならないだろうか。確かに自分がわかるところはわかるように書いてあるように見えるんだけどそうでないところは意味不明すぎてやる気がとんでもなく削がれる。しかしここを越えないことには自分の担当箇所である3章にたどり着かないし、ゼミが14日からでしかも近々実家に帰るから時間が足りないし、とにかく何とか対策を見つけて彼の担当箇所を消化しなければならない。くりこみ群自体は面白いはずなのでそのうちテキストが面白くなると信じて何とかしなくては…。
 休憩がてらネカフェに来てブログでも更新するかと思ったのですが、意外と書くことがありませんでした。本屋でも行ってから晩御飯食べて、くりこみ群の勉強します。
スポンサーサイト
ひでひでた
日常生活   0 0















 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/163-14b867ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。