スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

RG
くりこみ群勉強してます。ひとまず目前に迫ったレポートをなんとかするために。
 とりあえず運動量空間でくりこみするときはまず空間的に激しくゆらぐモードを消してからリスケールすることを繰り返して、生き残る相互作用を見出だすみたいです。これを支配するのがくりこみ群方程式。結局ゆらぎの小さい世界でものを見ることに対応しているのかなーと思うがどうなんだろう。
 来月に『くりこみ群の方法』
くりこみ群の方法 (現代物理学叢書)くりこみ群の方法 (現代物理学叢書)
(2000/07)
江沢 洋鈴木 増雄

商品詳細を見る
というテキストを使って短期的にゼミをやるので、いまはそのための良い予習をしているような気持ちです。
 くりこみといえば、京大時代の後輩が数理解析研に行くことになったらしいです。彼は一つ下での物性論のエースだったはずで、なんか意外な感じです。流体をやるんだとか。まあ乱流の研究にくりこみ群を使ってアプローチする人々もいるようですし、そもそもそんなこと関係なく研究が楽しめればいいのかもしれないね。お互いがんばっていきたいです。
 10月上旬からはかの有名なDoi、Edwards
The Theory of Polymer Dynamics (Monographs on Physics)The Theory of Polymer Dynamics (Monographs on Physics)
(1986/12/18)
M. DoiS. F. Edwards

商品詳細を見る
のゼミが始まり、下旬には理研に遊びに行くことになっているので相変わらず暇がないです。研究テーマを定めるのがいつになるのやら…。
スポンサーサイト
ひでひでた
熱・統計力学   0 0















 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/153-a8caf5fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。