スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

ちょっと早過ぎる気もするけど
昨日までは落ち込んでいたけど今日は立ち直ることが出来た!
Finite-Temperature Field Theory (Cambridge Monographs on Mathematical Physics)Finite-Temperature Field Theory (Cambridge Monographs on Mathematical Physics)
(1989/09)
Joseph I. Kapusta

商品詳細を見る

の第2版を本屋で見かけたんです。で、気になって立ち読みしてみたらすごく面白そうに見えた。第2量子化して経路積分してQED、QCDが出て核物質を扱って最後は宇宙論まで飛んでいくというとんでもない本。でも、経路積分のとこは今分からなくて困っているところがまさに書かれていたり、卒研でやってて興味を持ち始めていた核物質とのつながりがあってすごく良かった。2万円を超える高い本だから買うのは控えたけど、また手に取りたいです。
 そうやってまだまだ物理を面白いと思える自分がちゃんといて、それがすごく嬉しかった。面白みを感じられうちはがんばれるからまた勉強を進めていこうと思えました。
 そんなわけでコンパクトに話がまとまっている
量子場の理論―素粒子物理から凝縮系物理まで (現代物理学基礎シリーズ 5)量子場の理論―素粒子物理から凝縮系物理まで (現代物理学基礎シリーズ 5)
(2008/07)
江澤 潤一

商品詳細を見る

を買ってきました。第2量子化を勉強してあったからこれはすんなり入っていけました。初版なので間違いもある気がしますがそこらへんに注意しつつ読んでいきます。今持っている知識を元に考えることが出来るって意味でaccessibleな本なのでやりがいがあります。こういうのじゃないと楽しくないんだよね。今週の金曜日にゼミがあって、そこでボソン場の分配関数を扱ったり温度グリーン関数を定式化して発表することになってるのでめっちゃ急いで勉強しないといけないです!
スポンサーサイト
ひでひでた
人生   0 0















 

http://hideta7.blog64.fc2.com/tb.php/13-c67f5f2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。