スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

雨降り
外はまだ雨で、うちが河原のそばにあるせいかカエルの鳴き声も聞こえました。
 今日の晩飯は新発売だというローソンの牛丼と、前から買い置きしてあったインスタントみそ汁+ナタデココ入りヨーグルトでした。先のエントリを投下して以来、アクセス数がそれまでの倍になる日もあったりしてちょっと笑いました。うちみたいな超マイナーブログは一日あたり10回のアクセスがあれば多い方で、記事を更新するとだいたい15くらい増えます。今回は記事更新後も20カウントくらい増えていたので、例のアニメの影響力がどんだけでかいのかは推してしかるべしって感じです。実際よく出来てたと思うよ、マジで。
 さて、今日は1つ宣伝を。いや、大したことじゃないんですが、もう10数年前に発売されたゲームであるクロノクロスのサウンドトラックが非常にいい感じだという話です。
クロノ・クロス オリジナル・サウンドトラッククロノ・クロス オリジナル・サウンドトラック
(2005/06/29)
ゲーム・ミュージック、光田康典 他

商品詳細を見る
90年代後半のスクウェアを感じさせるサウンドが多い中、前作クロノトリガーで使われていた曲のアレンジが当然ながらもさりげなく散りばめられているのが秀逸(「時の草原」など)。それだけではなく、フィールドや町の音楽は民族調だし、ヒーリングミュージックっぽい曲もかなり入っているので原作未プレイの方にもオススメの一枚です。ちなみに僕は普段 iTunes のレーティングで5つ星を付けることがありませんが(なんか悔しいから)、クロスとトリガーのサントラに限っては思い出補正が効いて本来4つ星のものが5つ星になっていたりします。
 閑話休題。まあブログに閑話も何もないか(笑)明日ようやくワークステーションが届きます。これでようやく仕事が出来ます。ひとまずモニタとキーボードをつないで、用意した ubuntu の CD を入れて、壁紙を変えて、いろいろ設定をして、、、などと諸々の作業をしたら一日終わってしまいそうな予感。
 来年の学振には論文パブリッシュしてますよってのを書いて応募したいので、なるべく早く結果を出したいです。今僕がやろうとしているのは(直接指導をしてくれてる)准教授=よっしーが引いてくれた路線上にまったくそのまま乗っている感じの課題で、博士課程の学生である僕はそこから徐々に飛び立っていかないといけません。それが出来ないのなら研究者にはなれないし。まあ、これは実際に手を動かしながら考える。
 で、3月まで先輩が使ってた実験系が放置されているので、あれをなんとか使って面白いことが調べられないかなと画策しているところでもあります。よっしーに「あのシステムでこんなん調べられませんかねー、いや、深い考えがある訳じゃないんですけど」って言ったら「もっといいアイディア浮かんだらまた話してよ」と返されてしまった、というのが背景にはあるんですが。素人目に見ても相当なお金がかかっている系なのは明らかで、かつ意味のある結果をここ数年出してきているので、どう考えても使ってあげないと損なのです。
 だいぶ書くのがしんどくなってきたので今日はここまで。
スポンサーサイト
ひでひでた
日常生活   0 0

(゚Д゚)<マドカァ! ホムラチャン!>(゚Д゚ )
 まどか☆マギカ11話と12話視聴後、しばらくテレビの前で呆然としてしまった私ひでたであります。マジ劇場版クオリティ過ぎた。先ほど立ち直ってコンビニに焼きそばとかを買いに行ってきたのはいいものの、麺をすすっている最中にいろいろと感想とか考えとかが浮かんでくるのに耐えきれなくなったのでこうしてブログ記事なんてのを書きなぐっている訳です。ここしばらく表面を取り繕った文章をここにアップしてきたけど、まあこっちの方が地ということでご勘弁を。

 more...

ひでひでた
日常生活   2 0

生命科学の世界へ
どうもお久しぶりです。
 ちょうど2ヶ月ぶりくらいの更新です。友達がちょっとずつブログ更新しているのを見て僕も何か書いてみようかと久々に思い立ちました。実は個人的な日記は折に触れて書いているんですが、まあブログとなると人々の目を多少は気にするから文面にも少しは気を使うし、いざ書き出してみても大して面白くないなと思って記事を消すことも数度あり、結局こんなに間が空くことになってしまいました。
 さて、何から書くか。まずはこれを書いている状況から説明でもしましょうか。今は愛用の Mac を膝に乗せて、WiMax でネット接続しながらキーボードを叩いています。そして使っているエディタは FC2 の標準的なものではなく、OmmWriter という Mac 用のアプリケーションです。
 詳しくは HP をご覧になればわかると思いますが、非常に精神が落ち着いた状態で集中して文面に向かえるように工夫されています。OmmWriter は常に全画面表示され、デフォルトの設定では文章の背景に枯木が数本立った雪原が現れます。キーをタイプすると雨だれのような音が鳴る。まあ桜の季節に何事かと思う方もいらっしゃるかとは思いますが、それでも夜の12時を過ぎた頃に1日をまとめるにはなかなか良い環境です。最近はこのエディタのおかげでついつい長い日記を書いてしまったり。
 WiMax のおかげでネットをする分にはケーブルから解放されているのも良い方向に効いている気はします(光よりは当然遅いので、動画とかを利用する人には向いてないかな。ひょっとしたら首都圏とか大阪のど真ん中にいる人はストレスを感じないかもしれません)。
 長くなりましたが、そんな感じの環境で楽しみつつこれを書いています。この間の記事では京大の博士課程編入試験(鬼畜仕様)を受けたところまで報告してありましたが、これには合格しましたのでご心配なく。東京から京都に引っ越してきた訳ですが、例の痛ましい巨大地震の影響を被ることなく移動できました。移動日が3月11日だったので、これは大変幸運なことでした。
 僕は今月より大学院生命科学研究科の所属になっています。基本的に生命現象に関する実験研究を行う部署であり、大学院として他の研究科から独立してもいます。その分構成員のバックグランドは多様であり、また、国際的な競争力を高めることを重要視しているせいか、外国出身のメンバーもかなり多く所属しています(うちの研究室ではフランス、クウェート、イスラエル、フィリピン、韓国など)。いろんなやつがいて面白いです。前の研究室もなかなか個性的なメンツが集まっていたけれど、今度もやはりキャラが濃い。まあ、こうじゃないとね。
 それで、僕自身のバックグランドはこれまでさんざん書いてきたように物理学なので、先生とかと相談した結果 MD シミュレーションをひとまずやることにしました。現在研究中のあるタンパク質の挙動を実際の細胞内環境を再現するような条件下で調べ、仮説のサポートをするのが仕事です。他研究室で MD をやっていらっしゃる先生に適宜アドバイスをもらいながら研究を進めることになりました。ここ1週間くらいはコンピュータの発注とかをしているところで、今日のやりとりでようやく一段落。今月の終わりにはマシンが届くそうです。
 実験するつもりで来たのにシミュレーションをやるとは何事であるか、というツッコミは当然だと思いますが、これについては相談中です。今後のシミュレーションの感触によって判断することになるかと。一旦シミュレーションを始めると計算結果が出るまで数日とか必要とするだろうとは思うので、その間は1分子測定とか出来たらいいなと若干妄想しております。出来たらいいな、というか、出来るようにするにはどうするかという感じで考えていきたいです。
 実は3月末に、ドイツに向かわれる直前の先輩に実験を教えてもらっていました。サンプルは用意してもらっていたので言ってみれば体験授業的なものでしたが、それでも、蛍光顕微鏡を通して細胞核に蛍光分子が吸い込まれていく様子を実際にこの目で見れたのは素晴らしい経験でした。あれには本当に感動しました。"Seeing is believing" という言葉を思い出さずにはいられないほど。これまでは論文でしか見たことのなかったあの画は、実はこんなに生命を感じさせるものなんだと思いました。
 ……とはいえ、やはり生命は物質から出来ているというのも間違いない訳で、MD によって(どう考えても物質でしかない)タンパク質の詳細な動きを見つつ、実験では生命現象を感じられる何かを観測したいと考えているというわけです。
 どこまで出来るかは今後の努力次第!
ひでひでた
研究   0 0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。