スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

予定を詰める
論文を検索していたら、自分の研究と直結しそうなものをいくつか見つけたので先生にレビューする事にした。
 お忙しいだろうに、来週月曜日の午後、2時間ほど付き合っていただける約束をしていただけたのは嬉しい限りだ。期限を設ける事で自分を追い込むこと、知識の共有をすること、ディスカッションして内容を発展させる事が目的である。非平衡統計の論文2、実験の論文1を適当な資料にまとめる事になっている。ざっと目を通したところではいくつか参考になる点や賛同できない点があったように思う。修論の準備も視野に入れて資料を作るのがベストだ。
 今週は水曜が生物セミナー、金曜が確率過程セミナーでどちらも発表担当だ。まだ何も準備していないので正直言ってヤバい。
スポンサーサイト
ひでひでた
研究   0 0

puzzle solving
早起きして研究中です。最近の記事から不穏な空気を感じておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫です、ちゃんとやってます。
 今やっているのは、とある確率過程のモデル構成です。当然実験系が念頭にあって、実験的に知られている事実をなるべく落とさずに確率発展を記述する事が目標です。取り入れるべき性質は完全に頭の中に入っているから後はうまく書き下すだけなんですが、これが簡単ではないです…。ノートというフレームの中に組み合わせるべきピースが散らばっているのは分かっているのだけど、どれとどれがうまくはまり込むのかもっともっと試行錯誤しなくてはパズルが完成しない。
 でも先の見通しが立っていない訳でもないので、悲観することなく進んでいきます。これが出来れば次は数値計算だ。たぶん解析的に解ける見込みは無い。比較的単純ながらも豊かな内容を含むであろうこの研究を確実に収めたいです。
ひでひでた
研究   0 0

分岐
今日の東京は雨模様で、暖かかったここ数日と同じ服装では風邪をひいてしまいそうなくらい寒かった。灰色の一日だ。

 more...

ひでひでた
研究   0 0

とにかく無性に本が読みたい
起きてから24時間以上が経っています。ゼミの準備、ゼミ、ディスカッション×2をこなした後、新宿で英会話。さすがに疲れているのでいくつか箇条書きするだけにします。

・9月の物理学会参加申し込みをしました。ポスター発表希望ということにしておきました。実はまだ会員でないので手続きをしないといけません。生物物理学会の方はどうしよう。理論の発表しても無視されるかけなされるかという不安大。

・先生とディスカッション中、つい「一月くらいである程度やります」と言ってしまった。モデルを作って数値計算までして、それなりのグラフを用意するところまではやらねば。完全に短期決戦。

・福岡伸一の『生物と無生物のあいだ』を読み始めました。彼は文章がうまい。先ほど著者紹介の欄を見て初めて知ったのだけど、2006年に第1回科学ジャーナリスト賞を受賞されているようです。調べてないけど、例のプリオンの話かな。同じ年の大賞を毎日新聞社の元村有希子さんが受賞されてますね。『理系白書』関連で。

・科学者でありながら執筆活動も盛んな人と言えばまずは福岡氏と茂木氏が思い浮かびます。そういやこの間本屋に行った時、福岡氏の本は生物のコーナーにあるのに茂木氏の本はヒーリングのコーナーに置かれているのを見つけました。まわりを見渡せば「スピリチュアル」だの「サイキック」だのといった言葉が飛び込んできました。ついに、というか、ようやく、というか。

・同じ本屋で瀬名秀明『第九の日』を見つけました。これに収録されている「メンツェルのチェスプレイヤー」をずっと読みたいと思っていたので、たまたまこの本に出会えたのは幸運でした。同著者の作品で僕の大好きな『デカルトの密室』は、実は「メンツェル~」の続き物なのです。デカルト自体も読まなきゃな。

・本日土曜日は午前10時よりお茶大でシンポジウムです。テーマはリズムやゆらぎにまつわる現象で京大から蔵本さんがいらっしゃいますが、個人的には実験をしていらっしゃる方々とお話できるのを楽しみにしています。週末は小説を1冊読むという計画は実行できそうにありません。

・楽しみにしていたCraig Venter達の論文はもうちょっと先になるか…。
ひでひでた
日常生活   0 0

メールってほんと便利だね
前の日記に書いた件だけど、研究者の方から返事が来ました。さすがに早い。
 議論歓迎、という感じだったのでありがたいです。僕自身がまだ自分の研究を進め切っていないのでどれだけ具体的な話が出来るのか分からないのですが、少なくとも相手の言っている内容は分かると思うので得られるものは出来るだけ得るようにしたいです。相手方にもフィードバックがあれば最高。彼は神戸のNICT(情報通信研究機構)所属ですが、僕の関心の半分は情報論にあるため非常に幸運な出会いでした。ちなみにNICTというのは日本の標準時を決定している独立行政法人です。
 今やっている研究がもし半年くらいで一段落したら、ドクターから実験を行ってもいいかなと思うようになってきました。自分の手を動かしつつ実物に触れないとどうしても見えてこない何かがあるような気がして。もしそうするなら今いる研究室では無理だし、進路を考え直さないといけません。即決は出来ない。けどぐだぐだ迷っている時間はそれほど残されてない。
ひでひでた
研究   4 0

アクセス解析おもろー
<ここまで解析されちゃうとちょっと怖い気もする>
そういや「アクセス解析」ってのを導入してみたんですけど、これはなかなか面白いですね。
 初日は解析がしょぼかったんですが、何日かするといろいろとデータがたまって楽しめるようになってきました。例えば訪問者のホストが分かるとか。京大と東工大からアクセスされてたのはちょっと驚きでした。検索キーワードも知る事が出来て、例えば「量子光学 講義ノート」というのがあったことをふまえると、京大からアクセスしてきた人は資料を探しにきたのかな、なんて想像できます。昔の記事がヒットしちゃってるような場合は恥ずかしくなりますね。

<なぜ隠す!?>
 ところで今日は午前中がゼミでした。僕がひたすら生物の教科書を解説する2時間をあなたに、ってやつです。まあ参加者が自分含め3人なので当然まったりしてるんですけど(笑)準備はそこそこだったので大した滞りも無く終わりました。
 そんなことよりも重要なのは、もしかするといまやってる研究がある人物の過去の研究とちょっとかぶってるかもしれないと気付いてしまったことです。先行研究のサーベイはかなり行ったんですが、それでも見逃していたものがあったようです。これがなかなか厄介で、ネット上ではなぜかアブストラクトしか公開されてないんですね。それで現在の所属先である研究所のホームページを訪ねても肝心の連絡先が書いてない。それどころか、執筆した論文のどれを見てもアドレスが載ってないんです。共同研究であっても、現在彼と同じ研究室に所属している人がラストオーサーだった場合には連絡先が書いてありませんでした。まるで隠されているかのようです。同じ研究所の他の研究室を見てもちゃんと書いてあるんですよね。何かおかしい気もする。執念でアドミンさんのアドレスは発見したので連絡先を知りたい旨のメールをしました。あとは返事を待つのみです。

<学振書類を書いて見つけたんだ>
 研究に関してはまだ詳しく書きませんけど、もし論文が出たら紹介しようかなぁ。扱う系は理論の対象としてあやしげがそれほど無いもの、手法は非平衡そのものです。今後はおそらく射影演算子法が必要になるでしょうけど、あれってexplicitに計算できるものなのか分からないので不安です。勉強しないと。統計に出てくる粗視化法に関しては習熟しなきゃなーってのが最近の気持ちで、くりこみ、射影、縮約の三者は互いにどう関連し合っているのか理解したいですね。

 今日はもう晩ご飯食べて寝るつもりなので、いつもよりまったりした日記になりました。
ひでひでた
日常生活   0 0

ゲノム解析の次はこれか
Craig Venter 氏がまた何かしでかしたみたいですね。「人工ゲノム」あたりで検索をかけてみると、かなりセンセーショナルに書かれた記事が大量に引っかかります。個人的には論文をちゃんと読んでからものを言うようにしたいと考えています。週末あたりにまともな記事が書ければよいのだけど。
ひでひでた
科学コミュニケーション   0 0

タワレコ帰り
Rasmus Faber いいね。So Far 3 はすごく気に入った。どうやらハウスって分野は好きらしい。
ひでひでた
日常生活   0 0

研究再開!
学振も一段落したので、徐々に研究生活を取り戻しつつあります。書類の準備をしてたこの一月は勉強も研究も全く進まなかった。まあ書類を作る事で問題意識や今後の課題がはっきりしたのが勉強であり研究であったと考える事も出来ますが。
 そんなわけで今日は仕事を進めています。生物、情報、制御、非平衡統計が絡むのでなかなか面白いです。しかも理論に含まれるパラメータのうちかなりのものが実験と明確に対応するのが特長かと思われます。今のところ皮算用だけどね。「これこそ生物の物理だ!」みたいなことが掴めれば最高です。そういえば忘れていたけど今年は修士論文を書かなきゃいけないので、9月の学会あたりでそれなりの結果が出てないとドクターにすら進めないかもしれません。何とかがんばらないと。
 …それにしても教科書に載ってるような仕事はほんとすごいですね。きれい。線形応答とかヤバすぎる。実際に手を動かし始めると分かるのですが、なんか自分のがしょぼく見え過ぎてがっかりする事すらできません。いや、無価値なことをしているとは決して思わないけど、先人達の仕事が偉大過ぎて自分のが霞むなぁと。まあ教科書と比べるのはあまりにもおこがましすぎるか。
 今回の仕事を歴史的にどのように位置づけるかは徐々に分かってきているので、後は着実に目的を達成することおよび関連文献の読み込みを進めれば何とかなりそうだと楽観視しています。
ひでひでた
研究   0 0

9月くらいまでの予定
今日はひどい生活を送ってしまった。いくら学振が提出し終わって気が緩んでいたとはいえ、いろいろとすっぽかしてしまって大幅に損をした。あまりにも堕落しすぎ。

 more...

ひでひでた
日常生活   0 0

睡眠3時間故に
今日はもう眠くてまともな文章を書く気にならないので、いくつか箇条書きで記録。

・学振申請書類を改善。以前から指摘されていた問題点は無事解決。
・書類を1回提出するも登録内容にミスがあったため明日修正版を再提出。すでに修正済み。
・先輩+友達で軽く晩ご飯を食べた後カラオケに。ヒトカラじゃないのは久しぶりで楽しかった。
・上野のTSUTAYAを積極的に利用しようと決意。
・1階がなぜか本屋だったので、開放感に任せて小説を2冊買った。今のところ明らかに消化不良。
・明日は大沢文夫先生がいらっしゃるそうなので何か質問をしてみるか。
・最近このブログのアクセス数が1日あたり10件を超えるようになったのはなぜか。
・今後の日程その他に関しては明日以降まとめる予定。
ひでひでた
日常生活   0 0

アドオン/締め切り
普段使ってるブラウザはFirefoxなんだけど、ちょっといじりたいなーと思って検索してみたところ2つのアドオンを知りました。先に言っておくと、これらはすっごく有名らしいのでそのつもりで。
 Read It Laterってのと、FoxyTunesっての。Read...の方はブックマークするほどでもないけど気になってはいるページをまとめて管理できるもので、Foxy...のほうはブラウザの下の方にある枠にiTunesなどのプレイヤーが埋め込めるものです。最近は前にも増して検索をするようになったのでRead...はかなりありがたいです。例えばニュースとかGoogleで一括検索したページを登録しとけば後でじっくり読み比べたりできるわけで、まあ言ってみたらウェブっていう途方も無く大きな本に軽く付箋を貼れる感じ。今はショートカットコマンドをどうするか探っているところです。
 入れているアドオンはGmail Managerを含めて3つになりました(ちなみに、普段はマウスを使わないのでFireGesturesは活躍しようがありません)。

 ところで明日は学振の締め切り日です。前回のバージョンからほとんど変わっていないのだけど、さっき友達のやつを読んでみたら専門用語が結構多く登場するにも拘らず読みやすかったので、あんな感じを目指してもうちょっとだけ粘ってみることにします。これで一月にわたる戦いがようやくおしまいになります。
ひでひでた
日常生活   0 0

長い記事を書きたくなるのはどういう時か
今日は暖かいですね。こんな日は窓を明けっ放しにして、紅茶でも飲みつつ部屋でおとなしく本でも読むのがよいです。…そんなことをしていたら研究室のセミナーがあるのをすっかり忘れてすっぽかしてしまった、というのはまた別のお話。
 今日の話題は3つで、それぞれ■の横に小見出しを付けてあります。

 more...

ひでひでた
科学コミュニケーション   0 0

×
うん、いまは全く記事を書く気にならない。寝ます。
ひでひでた
日常生活   0 0

熱浴だけならうまくいくのは分かるんだよな
新しい記事を書くとアクセス数が増える現象には前から気がついていたのだけど、案の定RSSを利用してくれてる友達がいるってことが今日判明しました。彼は僕の知らぬ間にこのブログを発見していたらしい。恐ろしいぜネット検索。

 今日は後輩が研究室のセミナーでJarzynski等式の証明を行ってくれました。非常に丁寧で良かったと思います。特にマスター方程式を使った導出は存在を知りつつも勉強した事がなかったので良い機会になりました。基本的にはMarkov性をうまく使って経路積分を行うだけでした。Non-Markovな場合には別の証明が必要なためハミルトニアンを使った証明はある意味でマスター方程式を使ったものよりも一般的であると考えてもよい気がします。記憶項を持つランジュバン方程式に対してはやはり等式が成り立つと示されているそうですが、一般のnon-Markovの場合には証明が複雑になるようです。まあそうだろうなとは思う。個人的には開放系でも件の等式のようなものが成り立つのか関心があるのですがどうなんでしょう。調べてみないと。
 ところで学振の書類を先生に見ていただいたところ、前回に比べて格段に良くなったと言ってもらえました。内容面はこれ以上どうしようもないようなところまできたので、残った課題は「時間をかけないで目を通したときにそれなりの重要性を感じさせるような書き方をする」ことです。つまり、構成を工夫することで段ボール何箱とかいう分量の書類を読まなきゃいけないレフェリーにすんなりと内容を分かってもらうようにするということです。週末はこの作業にとりかかりっきりかも。ようやく終わりが見えてきたようです。

 実は明日の午後1時から行うvan Kampenのセミナーで発表担当になっているにも拘らずまだ準備を一切してません。ほんとは遷移確率行列と関連している完全可約とか既約の話をちゃんと調べて行きたかったのだけど、もう無理そうです。参加者のみんな、正直すまん。
ひでひでた
日常生活   0 0

手短に現状報告
鼻風邪を引いたせいか昨日から調子が悪いです。実際体温は平熱にも拘らず微熱があるような感覚を覚えています。まさか花粉症?とりあえず薬はあるので大事には至らないでしょうけど…。
 ところで先日参加したトークイベントについてはある程度記事を書くつもりなのですが、いまは時間がないのでまたそのうちにまとめます。学振はいよいよ大詰めで今日中にほとんど最終稿が出来る見込みです。この書類作成を通して良い経験をさせていただきました。そのことについても後日記事を書きます。ポイントを整頓できるという意味で自分のためになるのと、ひょっとしたらこのブログを見てくれてる誰かの参考になるかもしれないと期待してのことです。
 今日はこのくらいにしておきます。
ひでひでた
日常生活   0 0

つんどくの極み
例の麻理香嬢の著書『恋する天才科学者』が好評らしかったので立ち読みをしてみました。
 アーベルとかアインシュタインとか、歴史上有名な学者が恋愛面ではどうだったか書かれていました。アーベルは美青年であったとかいろいろ言っているので根拠は何なのか不思議に思ったのですが、巻末に大量の参考文献が載せられているあたりから察するに本文のかなりの部分は他書からの調べもので構成されているのではないでしょうか。Amazonのレビューを見ると何人かは字面が気に食わないと書いていましたが、僕はそれほど気になりませんでした。まあ女子的な側面をやや強調している感じがしたかな。結局買いませんでした。

 more...

ひでひでた
日常生活   0 0

サイエンスコミュニケーター?
なんと「ゆらぎの定理」でgoogle検索するとトップヒットするようになってしまった!
 あ~、これは嫌だな。ゆらぎの定理なんて現在の統計物理界隈の人なら誰でも知ってるからこのブログの露出度が少し上がってしまう。ネット上に記事を公開している以上仕方のない事だけれど、ほんとはもっとひっそりと更新を続けていきたい身としてはなかなか不都合です…。
 以下、本題。

 more...

ひでひでた
科学コミュニケーション   2 0

季節も変わった事だし
久しぶりにブログのテンプレートを変更しました!ここ数日はだいぶ暖かくなったので爽やかなデザインにしてみました。梅雨の時期になったらまた変えるかもしれませんが…。
ひでひでた
自己紹介   0 0

近況/学振
読者の皆様(?)どうもお久しぶりです。一月くらい更新をしていませんでした。こういうときに限って元気にやっているのでご心配は無用です。今回の記事は学振の事がメインで、かなり長くなってしまいました。なんと僕の1280×800のディスプレイでは縦方向に短過ぎて表示しきれません!

 more...

ひでひでた
研究   3 0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。