スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

ああ、そうだよな、ちゃんと形にしないうちは「あれは自分が考えたのと対して変わらないな」といくらでも言うことができるよな。だってそれは信じられるか否かの問題であって決着はつけようがないもんな。反省。
スポンサーサイト
ひでひでた
人生   0 0

アイデンティティ
今日は普段お世話になっている実験家のお二人と一緒に論文を読みました。
 以前ここに書いたものとは別の実験の論文ですが著者の一人は共通しています。一週間ほど前に一回読みましたが今日の為にもう一回読み直したので準備はそこそこの状態でした。18時半からセミナーを始めて終わったのが21時前。夢中だったのですぐでしたが振り返れば結構長い時間かかったものです。詳細はともかくとして掲載されているデータはそれほど読みづらいという感じではありませんでした。ただ一カ所、非常に重要だと思われるグラフがどうしても一人では理解できなかったのでぜひ議論したいと思っていました。この部分は初め三人ともよくわかんなかったのですが、後ろの方に載ってるデータを見ていくうちに徐々に理解できていきました。結局point mutationが鍵だったようです。
 大学院に入って九ヶ月、勉強してきたのはほとんど実験のことです。今日のセミナーでは生物実験を専門とするポスドクの方々とそれなりに議論でき、今までやってきたことが全然無駄じゃなかったと確認できて少し自信になりました。普段研究室では僕よりも遥かに賢い人々が議論をしていて(先生はもちろんのこと、ポスドクにしろ先輩にしろ同期にしろみんな賢い。その結果として業績リストがとんでもない事になっている)、理論家として自分はやっていけるのだろうかと漠然とした不安が徐々に大きくなってきていたところ、”実験家と話が出来る理論家”というアイデンティティを片方の極限から形作る事が徐々に出来てきているのを感じてほんの少しだけ持ち直す事が出来た気がします。まあ時間はかかりそうだが方針が間違っている訳ではない、ということ。

 more...

ひでひでた
研究   0 0

”見つめる鍋は煮えない”現象なのか?
論文読むときに反射神経って大事だよなーと思います。ここは変だな、とか、自分ならこうするな、って直感する能力と言うべきか。同じ論文をじーっと眺めていると書いてある事の新鮮みがだんだん薄れていってビビッと来るものが無くなってしまうのです(分析力が無い/問題意識が欠けている可能性大)。じっくり読んで考察を深めるべき論文とざっと趣旨をつかんで離れるべき論文を見分ける力を育てる必要があるかもしれません。
ひでひでた
研究   0 0

論文と格闘する
今月の26日にあるセミナーに向けて準備を進めています。当日はいくつかの仕事をレビューして今後研究する上での基礎にできればよいと考えています。
 ここ数日はとある実験の論文に取りかかりきりです。ここ10年以内に出た超有名な論文です。思うにこれは実験方法自体が重要だったのではなくて問題設定とそれに伴う解析方法が斬新かつgeneral interestのあるものだったということでしょう。本文だけを読んでも意味不明というか肝心な前提だと思われる箇所が理解できなかったのでsupporting materialや同じ著者による別の論文を読んだりして何とかしようとがんばりました。未消化な部分は多いですが足踏み状態からは脱出できそうです。実はこの論文は今度のセミナーでは必ずしもレビューしないかもしれないのですが、非常に根本的な現象を対象にしているため大事な財産になると踏んだのでそれなりの時間をかけて勉強している次第です。今日明日中には読み終えて本題に移りたいです。
 しかし実験家は統計理論をよく知ってる感じがしますね。ポワソンとかガウスは当然としてKolmogorov-Smirnov検定とか帰無仮説とかが普通に使われている。僕は何一つ知らないので早いうちに勉強しとかないといけません。
 これからタラ鍋食べてまた論文読みます。
ひでひでた
研究   0 0

業界では有名な本
Essential Cell BiologyEssential Cell Biology
(2009/04)
Bruce AlbertsDennis Bray

商品詳細を見る
を生協で見かけたので買っちゃいました(画像のリンク先はハードカバー版ですが僕のはソフトカバーです。さらにいうと出版社もTaylor & FrancisではなくGarland Scienceです。ほんとどうでもいいことですが)。さすがに高かったけどこれくらいは持っていて損しないので後悔はしてないです。最近は買った本をちゃんと読むようになったので問題ないと思います。
 付属のDVDには掲載されている図とかが収録されているから自分でプレゼンするときに使えるかもしれません。助かります。前の版に比べると表紙がカラフルで楽しいですね。全部読む必要はあるのかなー?
ひでひでた
生物・生物物理学   0 0

新年のご挨拶
普段このブログを読んでいてくださるみなさま、あけましておめでとうございます。しょうもないことしか書いていない訳ですが、本年もよろしくお願いします。
ひでひでた
日常生活   0 0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。