スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

閲覧
特にブログランキングに登録している訳でもないのに毎日数人がこのブログにアクセスしてくれるのはなんでなんだろう。昨日なんて15人も来てくれたらしい。どうもありがとうございます。
スポンサーサイト
ひでひでた
日常生活   0 0

自省
今日はお昼前に起きてしまった。週末に友達が遊びにくるというので久しぶりに部屋掃除をしたり病院行ったりして雑務を終えました。
 ここ数日論文検索とかをして一気にいろんなことを知り、どうも頭がパンク状態になってしまったのでちょっと何が今まであったか整頓をしています。パソコンのメモ帳に8月くらいからの出来事を書き出してみたものを印刷して眺めています。紙に出力されたものを読むときだけでなくそもそも文章を書き起こしている時にも気付くことがあったり感想を持ったりするので、この方法は結構有効な気がします。今のところA4用紙一枚分の量になりましたがこれでも全体の3分の1程度でしょう。結構しんどい作業ですがとにかく頭の中をぶちまける気持ちでやっています。
 こうやって反省を繰り返してちょっとずつ進んでいきたいです。たぶん研究なんてものはこんな風に問題点を地道に解決していくうちに形になっていくんでしょう。うちの先生は直接知識を与えてくれることはないけれど、研究者としてやっていくために精神面で大事なことを身を以て示してくれているのでとても頼りにしています。彼は間違いなく一流の人です。
ひでひでた
研究   0 0

先が見えない
「あの研究もいい、この研究もいい」と思えて具体的な研究対象が定まらないのは、やはり勉強不足が原因なんだろうな。
 自分の中でキーワードは定まっているがそれに関連する研究は山ほどある。その中で真に研究する必要があると思える対象がまだ定まっていないのは、どの分野でどのような研究がどういう問題意識の下で行われており何が問題なのか分析し切れていないからなんだろう。もちろん全ての研究分野を網羅するようなことは出来ないからいくらか対象を絞っておく必要はあるけど。
 それと「キーワードは定まっている」と書いたけどそれだけでは不十分か。特に僕の場合は一般的に興味を持たれるキーワードを抱えているから関連する対象がいっぱい出てくるのも当然だ。普通の人は入った研究室でメインとして研究しているものを専攻するのだろうけど、僕の場合はそういうのがないからな…。どこかで思い切って視野を狭める勇気が必要そうだ。
 修士の間に一本くらい論文書きたいけど、今のペースだと無理だな…。
ひでひでた
研究   0 0

研究室より
破滅的な生活を送っていたのでこんな時間に(午前1時半)研究室から書き込みしています(ω・`)
 TAするときに使う問題を作ったり英会話の宿題をやったりゼミの予習をしたり資料を作ったりしないといけません。雑多なことが多いです。問題作成はもう終わったのでいいですが、やはりゼミの資料作りが課題ですね…。今日は9時からゼミなのでそれまでここで作業します。
ひでひでた
日常生活   0 0

じしゅぜみ!
タイトルは某アニメからのパクリではありませんので。

 さて、今週の金曜から重い自主ゼミが始まります。内容は結構ユニークで、先輩が確率システムの話をして(目標は量子確率過程)僕が生物の話をするというもの。うちの研究室とか隣の量子情報の研究室の人が参加してくれますが彼らは基本的に発表をしない聴衆です。盛り上がってくれるといいのだけれど。
 で、今はそのゼミのために資料の準備をしています。そもそも僕だって生物は高1の時に勉強したのが最後なので特定の領域を除けばほとんど素人みたいなものです。しかもベースにしようと思っている教科書は分子レベルから生態レベルまで広くそこそこ深く書いてあるのでなかなか大変なのです。ゼミ自体も講義調にするのがいいか輪読形式がいいかと悩むところですが、まあ初回は講義調にしてみようかな。タイトルや内容を板書して大事なところには線を引く、みたいな。聴衆の方々にまで教科書用意してもらうのもあれだと思うし。だからしばらくは高校のときの授業を思い出しつつ講義ノートを作って、徐々に慣れていくしかなさそうな感じです。

 寝すぎたせいで頭が完全に死んでて思考がすっごく遅い…。
ひでひでた
自主ゼミ   0 0

紙面の向こうにあるもの
勉強をしていると一つの論文の先に(むしろ後ろにと言った方がいいのかもしれないが)膨大な知識の海が広がっていることにふと気がついて絶望的な気分になる。

 more...

ひでひでた
研究   0 0

生活が乱れ始める
日付が変わり月も変わってしまった。もう11月か。今年も残すところ2ヶ月のみ。
 今日は昼過ぎに起きてずーっとだらだらしていたので全然進展がありませんでした。レビュー論文が3ページほど進んだ程度。実験関係のレビューなので1ページに書いてある内容がすごく濃いです。気になった関連論文を探したり著者検索をしたりしているとすぐ時間が経ってしまう。
 とはいえ今やるべきことは事実を徹底的に確認して最先端の知識を身につけ、そこで何が未解決の問題なのか、まだ行われていないアプローチは何か、オリジナルな視点は何なのか見極めることなのだから、こういったレビューはやはりつらくともきちんと読むべきだと思ってがんばっています。知らないことが圧倒的に多いのが現状ですね。現存する知識は有限、とはいえやっぱ多いよ。考えて分かるという類いのものでもないし。
 著者検索をして研究室のホームページに行ってみるとどういう研究が世の中でなされているのか分かって有益です。実験をやりつつ数理的なこともやっている研究室はすごいですね。実験事実に基づいてモデリングするんだから適当な理論家の行った解析よりも実験家にとって安心感のあるものになるでしょう(理論的に面白いのかどうかは分からないが)。
 自分がどういう方針で進んでいきたいのか、少しずつ決めていかなくてはいけないと感じます。
ひでひでた
研究   0 0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。