スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

久しぶり
久しぶりの更新です。もう年の瀬ですね。

 おとといクラスの友達と忘年会がありました。みんなでチゲ鍋。豆乳鍋の元をいくらか加えるとまろやかになってうまいことが判明しました。あれはなかなかすごい。
 この間から気になっていた「細胞レベルでの生の意味」について話題を振ってみたんですがあまりはっきりしたことは分かりませんでした。生物系の友達が多かったんですがなにしろ飲み会の場なので本気で議論する訳にもいかず、よく質問できなかったです。どうも細胞内で原形質流動があることが大事とか何とかってのを聞きましたが、それならば結局は環境と熱平衡に至っていないことが必要条件と言っているに過ぎないんじゃないかとか思った。
 確かに何らかの構造を維持していることが生命に本質的なんでしょうがそれはあまりにも自明ではありませんか。全く新鮮みがありません…。

 量子力学を考える上で密度行列がものすごく大事なんじゃないかと思い始めました。つながりが良くわかりませんが、夢に波動関数が出てきて多くのものを巻き込んでいき、ついには宇宙の波動関数に行き着く始末。
 ものを考える自分の波動関数ってなんじゃいっ!
スポンサーサイト
ひでひでた
自主ゼミ   0 0

クリスマスイヴ
ですね。今日は、明日の実験のための準備の日です。

 more...

ひでひでた
日常生活   0 0

研鑽
自分が辛いと思えるくらい頭を使わないと…。今の自分にとって辛くないことをいくら繰り返しても成長は出来ない。
ひでひでた
人生   0 0

院生すごいな
話題がいくつかに分かれているときがあるのでカテゴリを複数選べるようにしたら便利なんじゃないかと思う。他の会社のブログでは出来るみたいですね。最大手が最良の商品を提供しているとは限らない、という事実の一例がここにも。

 more...

ひでひでた
卒業研究   0 0

テキスト難しいよ
著者が何をしているのか分からん。
 (前も書いたように)何となく分かりそうだけど何となく分かっても意味が無いので困っているのです。というかこんな式変形を発想するのが普通のことのように思えないのだけど、これは単なる勉強不足が原因なのか?読んでいて全く腑に落ちない…。

 more...

ひでひでた
卒業研究   0 0

見た目
たまには模様替えでもしようかと思ってテンプレート変えました。何かこれはどこかの誰かが作ってくれたやつだそうでそれを使わせてもらっているのです。こういうのが作れるってのはすごいですね。

 それにしてもなー、ページのデザイン一つで受ける印象は大きく変わってしまう。全体的に暗い色調のページは何となく怪しい感じとか信用できない感じがするし、つまるところ同じ文章が書いてあっても見た目が違うだけで内容の受け取り方すら変わってしまうような気がする。
 そうか、これは日常生活でも同じことが言えるのか。その人の着ている服や髪型、化粧などはもちろんのこと、言葉遣いや仕草で人となりを判断してしまったりするのと同じことなんだ。そもそも他の人について知りうることは観察して分かることのみな訳だから考えてみれば当たり前だなー。

 さて、明日のゼミのテキストを読み込まないと…。
ひでひでた
日常生活   0 0

フランシーヌ
以前紹介した瀬名秀明の『デカルトの密室』に登場するキャラクターはくせ者ぞろいですが、その中でも特にフランシーヌには強烈な憧れがあります。僕自身は数学が出来ないので天才的な数学の能力がある人に惹かれてしまうのです。
 彼女が英語と日本語を使い分けることによって環境の捉え方そのものが変わってしまうことを示すシーンは印象深く、元々興味のあった言語学にさらに関心を持つようになりました。大学では認知言語学を専門とする教授がいて割とよく話したりしたのですが、そもそも高校時代に国語の授業で記号論を学んだのが楽しかったり大学で言語学を専攻している仲のいい友達がいたりするのでこの分野とは意外と結びつきがあるのです。
 いくらか本を買ったのでまた面白いことがあったら紹介しようと思います。

 物性向けの場の量子論(つまり非相対論的な理論)を学んでいることと以前は相対論に興味があって学んでいたことがあって、今Peskin&Shroederを読んでみると結構分かりそうな気がします。しばらくは読まないだろうけど場の理論はちゃんと相対論的な理論として学んでおきたいな。相対論が考慮されるか否かによってダイアグラムはどう変わるんだろうか。物性現象でも相対論的な効果が重要なものってあるのかな?
ひでひでた
言語学、哲学など   0 0

思わぬ発見
退屈だったので積分していたら円周率を導く級数を見つけてしまった。なかなか面白い。
ひでひでた
日常生活   0 0

(´・ω・)
い、いかん…読んだ本の内容が浮かんできてワクワクしてしまって寝られない……。
ひでひでた
物理   0 0

新書
少し前に買っておいた
非線形科学 (集英社新書 408G) (集英社新書)非線形科学 (集英社新書 408G) (集英社新書)
(2007/09/14)
蔵本 由紀

商品詳細を見る

がかなり面白い。一般向けに非線形科学を易しく解説しているが物理をやっている人でも得るところがあると思う。熱力学法則を解説する部分での具体例などが新鮮。読んでいるプリゴジンの本ともオーバーラップするところがかなりあって良い勉強になる(彼が冒頭でグランスドルフ-プリゴジンに影響されたと書いているので当然かも)。
 世の複雑性を扱う科学について興味のある人にはオススメです。ちなみに著者はこの分野の世界的な権威でうちの大学の名誉教授です。
ひでひでた
非平衡・非線型・流体   0 0

直感
今日はゼミのはずでしたが友達がダウンしてるので中止でした。ほんとはゴールドストーンモードをやる予定だったんだけど。
 かくいう僕自身ものどがすごく痛くてまずいかもしれないです。鼻がめっちゃ詰まって口を開けて寝ていたのが良くなかったのかも…。うがい薬を買いに行ったらその店に置いてないとかいう不幸な出来事もあったので今後注意しないといけないです。今大事なのは努力を続けることだから。

 more...

ひでひでた
熱・統計力学   0 0

冷却ボソン系
毎度毎度タイトルを付けるのがめんどくさい。そもそもタイトルってのが内容を最も簡潔にまとめたときに浮かんでくるキーワードを与えるものだとすれば、思い浮かんだことを適当に書き連ねた記事にはつけようが無いじゃないか。

 それはさておき卒研でやっているFetter&Waleckaが面白い。今日の午後がそのゼミなのだけど、今回のテーマは第二量子化のフォーマリズムで絶対零度のBose気体を相互作用込みで扱うことだ。ただし相互作用の行列要素は定数にしてしまう。このとき普通の生成消滅演算子ではなく、それらを変換した演算子に一つ条件を課すとハミルトニアンを対角化することが出来る(Bogoliubov変換。この変換は結構いろんなとこに顔を出すらしく、例えば量子光学をやるときにも出てくる)。すると基底状態や励起状態のエネルギーを計算することが出来るようになる訳なのだが、困ったことに基底エネルギーをよく見てみると級数が発散していて、これが実は有効距離と結合定数の関係式で出てくる発散とキャンセルし合ってうまくおさまる、というお話。
 流れは分かるけど、実際の積分計算をしてみると無限大の項がいっぱい出てくる。これは多分計算間違いじゃあないと思うから、結局どことどこが消し合ってるのか理解できてないんだよなぁ…。質問しないといけないわ。
 F&Wは長く読まれているらしく誤植が非常に少ないのだそうです。記述が数学的な反面物理的な説明が少ない、という評価もあって賛否両論という感じですが僕は今のところ結構好きです。卒研で読まないところも読んでみようかと画策中。余裕あるかな。
ひでひでた
BEC・量子光学・光物性   0 0

回る
やばい。音楽がほんとに止まらなくて一切集中できない。こんなんじゃ…。
ひでひでた
人生   0 0

簡単にまとめ
今日は昼過ぎに起きて大学に行って授業出て、病院に行って少し勉強した。
 出来たことは自主ゼミの準備とプリゴジンを少し読めたくらいか。永長さんの本で出てきた汎関数微分が直感的に処理できなくて手こずった。まだ解決してないのでなんとかしないといけない。普通の関数を微分するのと同じ気分では出来ない演算なのか?一方で昨日まで分からなかったことが今日見直してみたら簡単に了解されたのは良かった。プリゴジンの方は相平衡の話でClausius-ClapeyronとかGibbsの相律とか。潜熱の概念をエンタルピー変化で表現。相転移とかは適当に。
 永長さんの方でXYモデルでの相関関数の高温展開とかが出てきたなと思っていたらプリゴジンでは臨界点近傍の振る舞いについての記述に出会った。こうなるとそろそろGoldenfeldを読みたくなってくる。

 読みたい本が増えてきていて困る。10冊は超えている程度か。やることをしぼらないとどれも中途半端に終わってしまいそう。まずはプリゴジンと自主ゼミ。あとはオプションだと考えねばなるまい。出来れば
生命とは何か―物理的にみた生細胞 (岩波新書 青版)生命とは何か―物理的にみた生細胞 (岩波新書 青版)
(1951/08)
E.シュレーディンガー岡 小天

商品詳細を見る


生命とは何か―複雑系生命論序説生命とは何か―複雑系生命論序説
(2003/11)
金子 邦彦

商品詳細を見る

を読みたいのだけどどうせ読むならちゃんと読みたいのでしばらく先になりそうだ。まあ急いで読む必要は今のところ無いしな。

 どうでもいいけど、相律、ってかっこいいよね。英語だとphase ruleなんていう普通の言葉になっちゃうし。訳語のセンスが良い。
ひでひでた
熱・統計力学   0 0

2222
今日は22回目の誕生日でした。日を覚えていてくれた友達が何人かメールをくれたりしてうれしかったです。みんなよく覚えているもんだ。

 卒研の関係でプログラミングを勉強し始めました。紙と鉛筆、だけではもうやっていけないところまで来てしまったので。プログラミング関係の本はたいていよくわからないのですが、友達が教えてくれた
猫でもわかるC言語プログラミング 第2版 猫でもわかるプログラミングシリーズ (NEKO Series)猫でもわかるC言語プログラミング 第2版 猫でもわかるプログラミングシリーズ (NEKO Series)
(2008/02/16)
粂井 康孝

商品詳細を見る

はなかなかわかりやすいです。コンパイラはborlandのを使っています。まさかウィンドウズのあの黒い画面に積極的に向かうようになるなんて思ってもみなかった。使ってるのはマックのノートなんですけどboot camp機能があるので窓インストールしといたんですよね。今は簡単な、それこそHello Worldのレベルですが、卒研が終わるころには分子動力学(MD)のシミュレーションが出来るくらいにはなっていたいです。
 流体力学の勉強も少しづつ進めています。今日はBernoulliの定理を証明するくらいしか出来なかったので明日以降がんばりたいです。ネットを検索していると多くの大学の講義や演習問題が落ちているので適宜利用しようと思ってます。シミュレーションとつながりが出来てくると格段に面白くなりそうだ。

 量子光学の授業が結構面白い。大学院でお世話になる研究室はBECがメインなので量子光学はかなり習熟していないと苦戦するんじゃなかろうか。まあ仮にも情報と物理の関係に興味がある以上ある程度以上の興味を持って学んでみる必要がありそうです。
ひでひでた
人生   0 0

今夜は月が美しい。三日月の加減が良いだけでなく、伴うかのように2つの星が出ている。3つの天体の配置がまた微妙なバランスを保っていてすばらしい。

 さて、流体力学を勉強しようと思っていくつか本を見比べてみたけど、やはり
Fluid Mechanics (Course of Theoretical Physics)Fluid Mechanics (Course of Theoretical Physics)
(1987/01)
L. D. Landau

商品詳細を見る
が一番良いと思います。教科書にありがちな「解説してやってる」感じが全くしないので好きです。物理と言ったらこのシリーズ。この間のゼミが終わった後に友達と流体力学の話をしたんですが、彼は流体力学が嫌いだとか意味の分からないことを言い出したので気になったんです。
 今はまだ完全流体しか扱えませんがそれでも十分楽しいです。最近勉強してた熱力学も当然使うのでつながりができて嬉しい。今日は対流が発生しないための条件を勉強します。

 中性子を細胞にあてて核を破壊すると死ぬ、ということを原子核の先生がおっしゃっていたのですが、そもそも細胞一つが生きているというのはどういうことなんでしょうか。確かに生きた多細胞生物を構成している要素として細胞を考えることは出来るでしょうが、細胞を取り出してきて環境と相互作用しないようにしたらそれが「生きている」と言えるんでしょうか。生細胞、というのは何か不思議な響きだ。今度生物系の友達と話してみます。
 生命、情報、熱力学、などなど気になる用語が関連している気がするのですが、ここらへんは
情報と自己組織化―複雑系への巨視的アプローチ情報と自己組織化―複雑系への巨視的アプローチ
(2002/12)
ハーマン ハーケン

商品詳細を見る

を読んだら良いのかもしれないなーなんて本屋で見かけて思いました。ちょうど15%オフの時期なので買うにはいいかも。ただ最近は停滞しがちなプリゴジンもまだ目標として掲げたところまで読めてないし、卒研のゼミ、自主ゼミの準備も忙しいのでなかなか手を出す余裕が無い…。プリゴジンの後ろの方には散逸構造の話があるのでそれを読まないことには金、時間の無駄遣いになってしまいそうです。
 今は気になることがいっぱいあるけど、そうなったときは出来る限り基礎的なものを選ぶのが良いんでしょう。だから今は熱力学や統計力学をやって、読みたい気持ちを蓄えて大学院に行くつもりです。まだまだ相転移とか物性論の基本的なことを何も知らないからね。

 しかしなぁ、生命、という言葉はなんか違和感がある。よくわからない。カテゴライズするときにひとまず生命・物理なんてつけてしまったけどこれはちょっと気をつけないといけないな…。
ひでひでた
生物・生物物理学   0 0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。