スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひでひでた
スポンサー広告  

Blogger
試しに
http://www-justonemore.blogspot.com/
にてブログ更新し始めてみました。使い勝手とかどうなんでしょう。
スポンサーサイト
ひでひでた
日常生活   0 0

Zwanzig に妙な親近感を覚える日々
すっかり秋らしくなってきた今日この頃です。寒くなってくると何といっても鼻の調子がグッと悪くなるのがつらいところですが、まあなんとかこらえつつ生活しています。
 さて、統計物理をやってる人で Robert Zwanzig の名を知らない人はいないと思います。もちろん射影演算子法 (Projectoin Operator Method: POM) の人です。最近は某氏とやっている自主ゼミのテキスト
Nonequilibrium Statistical Mechanics (Physics Textbook)Nonequilibrium Statistical Mechanics (Physics Textbook)
(2006/12/25)
Gene F. Mazenko

商品詳細を見る
に POM の応用がさんざん登場する関係で Zwanzig や森肇の事は意識せざるを得なかったのですが、統計力学の基礎論だけでなく僕の専門であるタンパク質シミュレーションの業界でもここ数年で POM を使った slow mode のダイナミクスに関する研究が出ていたりして、やたらとこの手法に触れる機会が多いです。
 その Zwanzig 自身も実はタンパク質科学に片足突っ込んでいたことをおとといあたりになって初めて知りました。タンパク質の特徴をごくごく簡単にモデル化して、「ある滑らかなポテンシャルの周りに(空間的に)速く振動するような摂動が加わっている場合、粒子の拡散はどのような影響を受けるか」という問題を扱った論文を20年と少し前に提出しています。必要な数学自体は所謂 mean first passage time に関するものだけなのでとても簡単なのですが、結果的にはくりこみが自然と行われていたり、摂動が周期関数なのかランダムに変化するのかによって温度依存性のベキ指数が変わってしまうなど、物理的には結構楽しい内容を含んでいました。
 ここ2年ほどに限定される僕の貧しい経験では、統計力学ってのは結構抽象的な事を綿密に行って深い原理を探っていくもののように思えていたんですが、実際はそれだけじゃなくて、Zwanzig がやって見せてくれたように物理的に重要だと思われる部分をうまく抽出して議論するという面も当然のように存在するんですね。彼の論文を読んで久しぶりに「ああ、これって物理だ」と思いました。
 調べてみると Zwanzig は Kirkwood の弟子のようです。また色々と論文を探ってみると、どうやら名前をよく見かける Wolynes 氏と Zwanzig は遠からぬ関係の様子(実際、Wolynes の論文中では Bob Zwazig と書かれている)。そして僕がたまに相談を持ちかけている某T先生は Wolynes 研の OB だというのですから、どうにも世の中の狭さを痛感するというものです。脈々と継がれてきたその流れはすぐそこまで来ている。
 Zwanzig をどう発音すればいいのかは未だに分かりませんが、以前よりも確実に親近感を覚えています。
ひでひでた
日常生活   0 0

簡潔な近況
起きてから何時間経っているか覚えていません。意識が朦朧とする中、手短に近況をまとめておきます。
 まず、MacPorts を導入したのがここ数日では最も革命的だったことかもしれません。なんでこれまで使ってこなかったのかと悔やまれる程度です。Ubuntu でいうところの apt-get のようなものですが、ライブラリのバージョンとかもインストール時に選べるようになっているのがさらに便利なところ。ようやく Python 関連のモジュールをそろえる事が出来ました。ATLAS を入れるのも簡単だったけどうまくいっているのかな。
 今週はかなりしんどいです。明日の午前中に他研究室との合同勉強会。テーマは DDS です。僕は門外漢ですが関心はあるので行きます。発表もしないといけないけど日本語で OK なのが救いどころ。あさってから二日間は並列計算に関する講習会があります。たしか午前10時から午後4時半くらいまでだったのでわりと長丁場ですね。MPI とかスパコンの構成とかを勉強出来そうなので楽しみです。金曜日は某くりこみ群の世界的権威と一緒にやってる統計ゼミで、僕の発表担当。射影演算子法使いまくる箇所みたいですが未だ予習ゼロ!(死亡フラグ)そして土曜日がラボミーティングで持ち時間30分の発表です。今組んでるプログラムが完成しないとデータ出せませんが、間に合うかどうかはかなり微妙かな。Kabsh アルゴリズムを実装するのは numpy モジュールのおかげで簡単に済みました。むしろこの先が問題。
 しばらく前からその存在は知りつつも手を出さずにきていた

集合知プログラミング集合知プログラミング
(2008/07/25)
Toby Segaran

商品詳細を見る
をこの間ふと気が緩んだ瞬間に買ってしまいました。様々な Web API を使いつつ機械学習を学ぶための本です。Python が言語として採用されているので好感度高し。バイオインフォマティクスにも当然応用が利きそうなトピックが多いように見えます。もし読み切る事があったらまたレビューします。
 それではおやすみなさい。アデュー!
ひでひでた
日常生活   0 0

立ち位置の見えない不安
お久しぶりです。研究室からの書き込みです。研究室は朝早くから動き出す中、僕は相変わらず夜型の傾向が強いです。

この一月の間に何があったか正確には覚えていませんが、相変わらずコンピュータに向かいっぱなしであることは代わりありません。8月になって導入した PyMol という分子の可視化ソフトが非常に多機能かつ操作しやすいため重宝しています。たんぱく質を三次元表示できるのはもちろんのこと、電子雲の描画や accessible surface area の計算をするコマンドまで含まれており、一旦描画した図を回転もしくは振動させながら動画を作成することも可能です。その名が表すとおり PyMol は Python で書かれているので当然 Python スクリプトを読ませることも出来るのが嬉しいところ。これまで使っていた VMD はシミュレーション結果を直接動画化する以外には使わなくなりそうです。

さて、先日のミーティングで発表した内容が好評で、今年中に共著論文を一つ書く方針で頑張ろうとボスには言われました。正直言って、その言葉を素直に受け入れられるような気持ちにはなりませんでした。

共著者(仮)は実験家だけど、彼の結果と僕のシミュレーション結果をどう折合わせるのか彼自身アイディアを持っていない状態だからロジックが逆転していると言わざるを得ない。詳しいことは書けませんがとにかく「論文を書く」という結論ありきな進め方に納得がいかない。いや、確かに来年の学振を意識すれば論文を書いてしまった方が良かろうというのは分かるのですが、そこまで急がなきゃいけないのか、とか、(もっと話を深める段階かもしれない)今の状況で書いてしまっていいのかとか、色々思うところがあるのです。

もちろん、根本的には僕の勉強不足が効いているのは分かっています。研究室を移ったとはいえ、仮にも博士課程学生の身。自分の研究がその業界なり何らかの流れの中でどのような立ち位置にあるのかをある程度は判別できるべきです。それを先生方に丸々任せきりにしてしまっている現段階では、あれこれ言っても根拠が薄い気がしています。いや正確に言えば、気がするのではなく、実際に薄いのでしょう。

どこかで「もっときちんとした形にしたい」と思っています。自分なりに意義を見出して、自分なりに主張をしたい。そうでないうちにこの手を離れていってしまうような、そんなことはしたくない。

というわけで、今のテーマと関連しており、かつ「これはおもしろいな」と自然に思えるものを探し中です。候補はある程度絞りつつあるところ。しかもこれなら普段相談している先生にも実績がある(かつて雑誌の表紙を飾ったレベル)。

まあでも、この先の展望が全然見えていない現状ではタイムリミットを決めてしまって、小さくてもいいから論文にした方がいいのかもなぁ。
ひでひでた
日常生活   0 0

期待はずれ
マーゴン氏来日につき、強風が吹き付ける一日でした。ちょっと楽しみにしていたような天気にはならなかった。
 今日は2から4限が授業でした。2限はY田T雄氏の出張授業。まあさすがに分子モーターや chemotaxis などの知っている話が多かったですが、ランジュバン方程式に従うような(ちょっと曖昧にしか覚えてないですが)アクチュエータ制御がされているロボットの運動はそれなりに自然に見えたのが面白かったです。石黒さんとのコラボらしい。それで、人間がものを認識するときの脳の状態も揺らいでいるとの話でした。
 彼の使う「ゆらぎ」という言葉が非常に広い意味を持ちすぎているように聞こえて不可解でした。例えば分子モーターの運動に関与する揺らぎは熱揺らぎと化学反応に伴う量子揺らぎであったり、cheomtaxis の場合はシグナル伝達物質の分子数が揺らぐということでどちらも明確に定量化可能なのに対し、一気にスケールを上げて脳とか生体レベルまでいくと何の揺らぎを考えているのかよくわかりません。
 生物を真面目に考えようとするなら様々なスケールにおけるゆらぎの関連を調べることは重要だと思うし、一分子から脳までの各スケールでの実験に関してトップランナーとして君臨し続けてきたのだから何か掴んでいるんだろうと期待して質問をしてみたのですが、残念ながらストレートな解答は得られませんでした。「京大生とか東大生は試験が得意だけど創造性が無くて、そこらへん阪大はちょうどいい」と、いかにもステレオタイプな事を言われたので若干が腹が立った上、先ほどの解答が解答だったし、はっきり言って講義も全体的にいまいちだったので微妙な印象しか残りませんでした。
 それでも、やっぱ自分の興味のあることはあの関連だよな、と再確認させられもしたので全くの無駄という訳ではありませんでした。シミュレーションでどう攻められるかな。
ひでひでた
日常生活   0 0

PREV | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。